Happy Wedding 応援サイト~ロサンゼルス~
準備期間3ヶ月!? 「ドキドキ・ハラハラLAウェディングへの道」実記録 海外ウェディング成功のポイント、その他Weddingに関する色~んな情報を実体験を元にたっぷりお届けします。
YUN
  • Author:YUN
  • シンプルに、でも楽しく
    自分達らしく♪をテーマに
    念願のロサンゼルスで結婚式!
    ⇒ロスカボスへとハネムーン。
    もっとロスで結婚式を挙げる人が増えればいいな~
    と日々奮闘中?です。


  • RSS1.0
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • お詫びです(07/05)
  • ロスの教会決定!!(09/25)
  • ロスの教会:南カリフォルニア大学(09/09)
  • ロスの教会:ブラウンチャーチ(09/04)
  • 教会へ直談判!(08/26)
  • YUKO (11/29)
  • ゆきんこ (11/17)
  • 殿&大奥 (09/23)
  • 結婚BLOG - yasuさんのブログ - 結婚ブログリンク集「マリアベール」:今週の結婚ブログ(9月19日)(09/19)
  • 2006年07月 (1)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (11)
  • 2005年06月 (6)
  • 日本 De ウェディング (1)
  • ちょっとした事 (3)
  • ロスの教会 (3)
  • 挙式への道のり:教会 (2)
  • はじめての方へ (4)
  • プロデュース会社 (7)
  • ドレス (9)
  • モブログ (0)
  • 誉子の美味しいもの 
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    レンタル?購入?ウェディングドレスFor海外挙式
    花嫁の3種の神器=それはドレス・ブーケ・ヘアメイク!

    そう信じてやまない私。
    まず最初の、そして最大重要素かもしれない~ ウェディングドレス探しがスタート!!

    ~経験談の前に一般的な事から~

    海外で結婚式を挙げる場合、ドレスは以下の4種類になりますよね。

    ①現地でレンタル
    メリット:  荷物がらく 
         現地らしいドレスがある 
         日本より(かなり!)割安
    デメリット: ゆっくり探す時間がない 
         気に入らなくても妥協しなくてはいけない
      
    ②日本で試着、現地でレンタル
    メリット:  荷物がらく 
         予め選んだドレスなので①より安心 
         最終微調整を現地で式直前にできる(ちょっと太ったりむくんでも安心♪)
    デメリット: 無事にドレス&小物が届いているか不安 
         いくら日本で試着とはいえ、選べるドレスに限りがある。
    ※そして!アメリカの場合ハワイかラスベガスなら②は選択が沢山あるけれど、ロスの場合、そういう会社がほんっーーーーーとに少ないんです。悲しいくらい。これもデメリットだなぁ。

    ③日本でレンタルし、持っていく
    メリット:  じっくり自分の好きなドレスを選べる。
         小物も豊富な種類から選べる。 
         帰国後パーティ等する場合、割安でレンタルしてくれる所もある。
    デメリット: 荷物が大変。
         現地に着いたらドレスケアをしなければいけない。
         レンタル期間が国内挙式より長くなるので追加料金が発生するかも。

    ④日本で買って持っていく
    メリット:  自分の気に入った物をジャストサイズで着られる。
         汚しても気にならない。
         早くドレスが出来あがったら部屋に吊るし、花嫁気分を満喫できる!
    デメリット: 荷物が増える。
         挙式当日までのドレスケアが必要。
         帰国後、ドレスの保管が面倒。

    それぞれ思いつくメリット、デメリットを上げてみましたが、ドレスショップによってこれはだいぶ変わります。
    海外ウェディングでも追加レンタル料金かからない所もたくさんあるし、小物はレンタル料には含まれない場合もあったり、パッケージでお願いしている場合は選ぶドレスに制限があったり… などなど。
    しっかり契約する前に確認した方がいいですよ!

    ※どこかの紹介やネットを見た、とか雑誌を見たとかで割安になったり、小物無料サービスになったり、というのもあるので、これも要チェック!


    アメリカではウェディングドレスを購入する人が多いせいか、日本と比べドレスがすごく安いんです。
    $500位~買えます。
    もちろん、上はうん百万とかありますけれどね。
    だから時々、事前にロスに行って、採寸して買って当日までショップに預けておく!という人もいるんだそうですよ。往復4万ちょっとでいける時期もあるし、これも1つの手かもしれないなぁ。

    スポンサーサイト

    【2005/07/14 18:14】 ドレス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hugandkiss.blog14.fc2.com/tb.php/14-090f3db3
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。